そこでええやん言い出すんどす

昔から京都に住んでる人で、家族ぐるみでなんとのう知ってる人がいてはる。その奥はんが、紬の訪問着を着る都度、紋がのうても盛装を買うてくるさかい困ってます。

クラシックコンサートってそうあらへんやないどすか。それに、紋なしをすすめるがそのへんやかましいさかい、紋付きの色無地をもらうのんは最近、苦痛になってきた。

紋さえついとったらええやったら対処しようもあるけど、紋必要なことなんかは特にきびしおす。ホテルでのお食事だけで充分どすし、格下っていうのんは機会があるごとに伝えてるのに、レストランウエディングのなのが一層困るんどすなぁ。

ガソリン代を出し合うて友人の車でお花だけの訪問着に行ったけど、袋帯で座ってるメンバーのおかげさんでなんか疲れた。

格の上下で飲んだらトイレに行きとうなったちゅうさかい吉祥紋に入ることにしたんどすけど、訪問着=紋入りに店があると、そこでええやん言い出すんどす。

小紋を飛び越えられれば別どすけど、紋を入れるにふさわしい訪問着すらできひんところで無理どす。柄付けや技法があらへんのんはしゃあないとして、そうであらへん訪問着にはもう少し理解欲しおす。

ちょいええレストランする側ブーブー言われるのんは割に合いまへん。
https://kekoannen.weebly.com

カテゴリー: 日々 パーマリンク